もっとオモシロイ!日本と台湾logo

日本語はオノマトペが多過ぎ!?中国語と日本語の擬音語を比較検証

日文的擬聲語太多了!?中文和日文的擬聲語比較驗證

突然ですが、雨を中国語と日本語のオノマトペで表現してみましょう!
首先用中文和日文的擬聲語來表現雨聲吧!
  • 淅瀝嘩啦
  • 滴答滴答
  • ざあざあ
  • ぱらぱら
  • ぽつぽつ
  • しとしと
  • ぽたぽた
  • さらさら

雨のオノマトペ表現ですが、中国語の方が少ないですね。
更に中国語の上記2つは他の状況にも兼用されているんです。

看來雨的擬聲語中文比較少后。而且上面寫的2個擬聲語會用到別的情況。

淅瀝嘩啦
泣いている顔のイラスト
ぽろぽろ
ぽたぽた
しくしく
滴答滴答
時計のイラスト
チクタク
カチカチ

オノマトペの総数は実際どうかと言うと…

擬聲語的總數實際上是…

中国語 300程度
日本語 5000程度

他のオノマトペも見てみましょう!

看看其他的擬聲語吧!

トントン
叩叩
ワクワク
わんわん
汪汪
バタン
ちくちく
キラキラ
にゃお
ドキドキ
噗嗵噗嗵
ふわふわ
チョキン
咔碴
ビクビク
ハクション
啊湫
translate

“?”は直訳できないものです。共通点はわかりますか?そう“実際には音の出ていない表現”です! 訳す場合は動詞や形容詞などを用いるしかないため、具体的で説明的な表現になりがちなんです。

“?”是無法直接翻譯的。知道這些的共同點嗎?對,是“實際上沒發出聲音的”! 要翻譯的話,只能用動詞和形容詞來翻譯,所以翻譯出來的都是很具體的說明。

中国語のオノマトペが特に少ない理由としては諸説ありますが、個人的には中国語が具体的な表現を好むことも大きなポイントのように感じます!

中文擬聲語特別少的原因有好幾個,但是個人覺得中文喜歡具體的說法是其中一個!

    《関連商品》

おすすめ記事

《推薦文章》